手作りのベビーソファ

ダンボール箱で作ることのできる、手作りのベビーソファが話題になっています。
この手作りのダンボール・ベビーソファは、震災のときの避難所で、赤ちゃんのいるお母さんのために作られたものです。
災害時って物がありませんから、手作りのアイデアがいろいろ出るのかもしれません。
簡易トイレなんかもダンボール箱で、簡単に手作りできるでしょう。
ダンボール箱といってもいろんなサイズがありますし、柄も異なります。
ペットボトルが入っていたダンボール箱やビール缶の入っていたダンボール箱など、見た目やカラーが違うので柄の部分を活かすといいかもしれません。

ダンボール箱の裏側は無地ですが、そこに子供に絵を描かせるのも楽しいでしょう。
また、ダンボール箱という見た目をなんとかしたいと思う場合は、表面に可愛い柄の布を貼り付けるという方法もあります。
夏休みの工作気分で、お子さんと一緒にダンボール・ベビーソファを作ってみてください。
ダンボール箱は、スーパーとかコンビニとかでタダでもらえます。
また、家に余っているクッションや座布団などを使って、赤ちゃんのお尻が痛くないように敷いてあげましょう。

ほかに、赤ちゃんの洋服入れとか、小物入れとか、アイデアしだいで面白いものが作れますから、ひまなときにお子さんと一緒に作ってみてはいかがでしょう。
手作りの楽しさを子供に覚えさせれば、買うより作ることを考えるので、節約の精神が芽生えることもありそうです。

Copyright © 2014 ベビーソファを手作りしたい! All Rights Reserved.